第3章『Lv101~150』                 第2話『正しい蝶の木の森の篭り方』

時神法次の日記・・・
『蝶の木生活』より抜粋・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『1日目』

今日初めて蝶の木の森に来た、ここはいい。
人気が少ない、人とかかわることに疲れたオレにはまさに天国だ。

『2日目』

この森はまるで迷路のようだ、道を覚えるのが大変だ。
今日中にマスターしておく必要があるな、ここは今後オレの住処になるのだから。

『3日目』

蝶の木に遭遇した。
ナミ〇イさんの髪の毛みたいだってのがオレの蝶の木に対する第一印象だ。

『4日目』

怪物の木が沸くポイントを完全に抑えた。
順番待ちしていると、他の人が来たが、オレが居るのを見ると帰っていった。
先着準ってのが暗黙のルールなのだろうか?

『5日目』

食料が乏しくなってきた・・・
Pもこころもとなくなってきた・・・
街に戻る気はない。

『8日目』

ついにPが切れる。
今日から体力の回復は『緑茶』で行う、飢えは『蝶の木の樹液』でしのぐ。
SPはモスの攻撃でどんどん減っていく・・・
隙を見てうたた寝するとこで何とかなるだろう。

『14日目』

人と会話をしなくなってから、2週間がたった・・・
まだレアは出ていない・・・

『19日目』

86分沸きの怪物の木のところで、一人のティチと出会う。
久しぶりに人の言葉を聞いた・・・
怪物の木はしっかり横殴りされた・・・

『21日目』

3週間経過した。
日記をつけていなかったらとうに日付なんか数えるのをやめていただろう・・・
最近『緑茶』と『蝶の木の樹液』しか口にしていない・・・

『26日目』

86分沸きの所であったティチエルが言っていたが・・・
街はクリスマスイベントなるもので賑ってるらしい・・・
オレには関係の無いことだ・・・

『30日目』

一月が経過した、どうやら年が切り替わったらしい。
2005年か・・・
開けましておめでとうと言う相手が今のオレには居ない・・・

『32日目』

正月イベントとか言うものがあるらしい・・・
やはりオレには関係無い、『緑茶』と『蝶の木の樹液』があれば、おせち料理など必要ない。

『34日目』

レアは相変わらずでない・・・
本当に出るのだろうか?
不安を覚える・・・

『36日目』

ケルベロスのヤツがお年玉を配っているらしい・・・
いい加減レアが出ないことに嫌気が差してきた・・・

『37日目』

今日でこの『蝶の木生活』を書くのはやめようと思う
一大決心で街に戻ってみることにする・・・・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とまぁこんな感じで、オレの蝶の木の森でも生活は幕を閉じた。
当然だが無レアだ・・・・・
このころからオレは完全にレアを信用しなくなっていった。
だから、ケルベロスのお年玉って言う、レアじゃない確実なものをゲットするために。
とりあえず紅玉に向かうことにした・・・・・・
[PR]
by tokigamihouji | 2005-10-21 13:12 | 第3章『LV101~150』
<< 第3章『Lv101~150』 ... 『外伝』           ... >>