第3章『Lv101~150』                 第4話『鎮魂の塔の闘い・前編』

修行をしながらオレは、今まで行ってなかった所にも足を伸ばすことにした。
その内のひとつ、鎮魂の塔にオレは来た。
ここのボスモンスターは、『インクリスクロール』を落とすらしい。
それをゲットして更なるお金を手にしようとしたのだ。
目指すはセレブだ!
そう息巻いてやってきた・・・

1階

今は違うが当時は10分前後で各階のモンスターが沸いていたんだ。
オレはすぐ倒せて全然ポーションを使わない。
1階のゼリーキングを標的にした・・・
はっきりいって雑魚だった・・・
一瞬で殺せた。
これはうまいと思い、オレは2日ほどそこに居座った。
時間にして・・・
リアル時間で30時間は居たと思う・・・
ゼリキンの数は150体は倒したはずだ。

結果は言うまでもないだろ?

2階

ゼリキンに見切りをつけたオレは、2階にやってきた。
エンビニオンとの戦いは熾烈を極めた。
入っていきなり斬りかかった瞬間。
オレは凍結していた。
デカイ亀の裏に隠れていた、グレートハゼの攻撃で凍結したんだ。
DEFのオレははっきりいってやつらの攻撃の的だった。
ボクサーハゼの攻撃はまったく問題ではなかったが、巫女ハゼの攻撃はかなりの危険度だった。
結局の所・・・
オレは善戦むなしく敗退した・・・
この階はスルーしよう・・・
そう決めた。

3階

亀には勝てないことを悟ったオレは、3階まで上ってきた。
ここにるチカブムはたいして問題はなかった。
順当に戦って、順当に勝てた。
しかも経験値がかなりうまかった・・・
上に行けば行くほど・・・
美味くなるのか!
そう思って、オレは上って行くことにした。

ん?
インクリか?
この時まだ0個だよ・・・・・
[PR]
by tokigamihouji | 2005-10-23 01:09 | 第3章『LV101~150』
<< 第3章『Lv101~150』 ... 第3章『Lv101~150』 ... >>