第3章『Lv101~150』                 第22話『釣りをするにあたっての見た目の重要性』

釣り餌を99個買う・・・
釣りを99回やる・・・
また釣り餌を99個買う・・・
永遠とこの作業を繰り返し繰り返し行うだけの毎日だった。
わりと充実していたがね・・・
周りにいる釣り人たちの会話を聞いているのもなかなか楽しかった。
そんな時ふと目に入った釣り人・・・
彼はござをひいていた。
ほしぃ・・・
そう思い店を見てまわったがどうやら闇商品らしい。
龍泉卿の連中は竹薮で取れる
河童のくちばしや風のキャンディが好物らしいが・・・
はっきりいって取ってくるのはめんどくさかった。
だからオレはフリマを見回った。
やたらとピンキーアフロが出回ってたが、目当てのものも何とかあった。
・・・
80万か・・・
安い!これは買だ!
と当時のオレは金銭感覚が麻痺してたので即買いしてしまった。

ござをひいて釣りをしてると何故かよく釣れた(気分的なものだ)
いやぁ~いい買い物したなぁ~
と思っていると・・・
再び目にとまる釣り人・・・
空き缶かぁ・・・
ほしぃ・・・
再びフリマを回るオレ・・・
そして目当ての物を見つける。
・・・
100万かぁ・・・
安い!これはかなりお買い得だ!
と当時のオレは金銭感覚が麻痺していたので即買いしてしまった。

空き缶を置いて釣りをしてると、よく釣れるようになった(勘違いだ)
かなりいい買い物したなぁ~
と思っていると・・・
三度目にとまる釣り人・・・
占い師の屏風かぁ・・・
ほすぃ・・・
三度フリマを回るオレ・・・
今度も何故か目的のものは簡単に見つかった・・・
む・・・
占い師セット全部売ってるじゃないか・・・
3種あわせて200万かぁ・・・
安い!ホントにこんな安くていいのか?
と当時のオレは金銭感覚が麻痺していたので即買いしてしまった。

む・・・
占い師セット全部付けると空き缶とござがつけれないな・・・
・・・・・・
さらば空き缶!
さらばござ!
占い師セットをつけて釣りをしていると驚くほどよく釣れた(ありえません)


翌日・・・
既に飽きていたオレは、空き缶、ござ、占い師セットを倉庫の中に封印したのだった・・・
おかしな魚が入るスロットがもったいなかったしな・・・・・
[PR]
by tokigamihouji | 2005-11-29 19:24 | 第3章『LV101~150』
<< 第3章『Lv101~150』 ... 第3章『Lv101~150』 ... >>