第3章『Lv101~150』                 第31話『初めての武器合成』

ヤバイ・・・
Hが足りない・・・
エッチがないんだよ!エッチが!とか叫びだしたい気分だった。
むぅ・・・
こんなエッチエッチ言ってるとまるでオレが変態みたいに見えてしまうな・・・
オレはクールでダンディーな人間だ、この程度の事で動揺してちゃいけない。
どうすれば良いか考えることにする。

手段① クールでダンディーなオレはもう一度再分配することを決意する。

手段② クールでダンディーでそのうえハードボイルドなオレは、装備でき
      る武器を作成する。

手段③ 諦める・・・ クールでダンディーなオレだが無理なものは無理だ、
      現実は非情である。

・・・・・・
一番手っ取り早いのはもちろん①だ・・・
が。
今回のように秘密の改造計画の場合時間の余裕がない。
それにアイテムを集めるにも武器は絶対に必要だ。
すると・・・
②か・・・
自分のステにあった武器を作成してしまえばいい。
すなわち、セイラハルペを。
装備できる武器を持ってない以上、フリーマーケットを歩き回って素材を見つけなければならないが、もう一度再分配するよりは早くすむだろう・・・
もちろん金はかかるだろうが、それでもレベルはもう元に戻っているのだから、奴等が現れてもいくらでも誤魔化しがきく。
思い立ったら行動に移すのが早いのがオレの持ち味だ。
早速フリーマーケットを見て回る。
セイラハルペそのものが出回っていればそれに越したことはない。
が、そこまでうまくはいかない・・・
結局見つかったのは、くたびれた一振りのハルペだけだった。
値段は90万・・・
普通にボッタくってるだろ・・・
などと思ってはいたが、表情には出さないで購入した。
オトナなオレはこの程度ではめげないのだ。
まぁ資金もまだ残っていたしな・・・
次は玉だ。
言っちゃあなんだが、オレは今まで武器を合成したことなんて一度もなかった。
かつての相棒だった、セイラマグナブレードもメトゥラシエンブレイカーも大枚はたいて購入したものだったからだ。
ついでに言うと本来装備する予定だったメトゥラ菊一文字も買った物だった。
だから・・・
一体何個武器に入れればいいかなんてその時はまるでわかっていなかった・・・
・・・
20個ずつ位で良いか・・・
とか適当なことを考えていた。
フリマで見かけた玉を片っ端から買っていく・・・
電撃の玉1個8万円・・・
安いのか高いのかもいまいちわからなかったので、交渉もせずに即買いだった。
他の玉も似たようなものだ。
・・・・・・
ナルビクとクラドのフリーマーケットにある玉を買い・・・
ようやく全種類の玉が20個ずつ集まった。
よし合成に行くぞ。
そう思っていつもの店に来た。
もちろん『紫の魔法ほうき』だ。
何をするのにもまずはこの店からだ。
合成をする・・・
ハルペと玉全種類・・・

『該当する合成が存在しません』

なんだって!
何がいけないんだ。
玉はあるじゃないか!
数か?数が足りないのか?
その時のオレは玉は4種類しか使わないって事を・・・知らなかったからな・・・
フリマに走ったさぁ・・・
買占めたさぁ・・・
アイテムは玉だらけになったよ・・・
お金もほとんど消えたさぁ・・・
んで再び合成・・・

『該当する合成が存在しません』

・・・・・・
なんでだよ!
何がいけないんだろう・・・
玉は買占めている・・・
数はたりているはずだ・・・
・・・・・・
まてよ?
そこで初めて、使わない種類の玉もあるんじゃないか?って思い立った。
試しに電撃の玉を抜いてみた。

『該当する合成が存在しません』

電撃の玉は使うのか・・・
じゃあ次は火炎の玉を抜いてみよう。

『合成費用として50.000SEED必要です』

おっしゃ、やっと成功だぜ。
心躍る感じでオレは合成をした・・・
チャリンって音がしてオレはようやく念願のものを手にすることが出来た。
玉集めの途中で購入していた砥石を使い・・・
出来上がった微妙補正のセイラハルペ・・・
しかしこれ一つ作るにあたっての資金投資はかなりの額だった。
玉〇〇個だからな・・・
正確な個数は秘密だ。
実際に必要な個数を知った時、オレは時が止まるのを感じるほどのショックを受けたからな・・・
ま、まぁあれだ、金がかかっている分この刀に対する思い入れは強くなってたのは言うまでもないだろ?
こんな感じでオレの改造計画は遂行されたんだ。
後は当初の目的を果たすのみだ・・・
そう突貫と広辞苑・・・
二人を地獄に落とす準備は、今まさに整ったのだ・・・
[PR]
# by tokigamihouji | 2006-05-21 23:52 | 第3章『LV101~150』